デカ犬・小僧を家族に迎えたsunshimai家。。 長女(高3)・次女(中3)・三女(小4)の3姉妹と織りなす いつもどおりの日常に感謝しつつのつれづれ日記


by sunshimai
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

<   2008年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧

一周忌

c0082567_17121037.jpg
あひる隊長が負傷して車の運転ができないことと、次女の英検の試験が
あり、三女と二人でばばちゃんのもとへ。

早朝(6時)のバス停には、ばばちゃんの兄である伯父が迎えに来てくれる。

おだやかにおだやかに・・・法事は執り行われた。
c0082567_17121046.jpg
納骨をすませて、朝に夕に参る日々。
[PR]
by sunshimai | 2008-06-16 17:12 | 父の事

小僧&三女

c0082567_0541415.jpg
あひる隊長の脚の間は、子供たちの人気スポット。。。本日も満員御礼。
まだ 三女より小僧の方が大きいな~~(小僧が着てるのは母のTシャツ)
[PR]
by sunshimai | 2008-06-10 00:51 | 犬の事

あれから

とても後悔してることがある、、後悔というよりはしてあげたかったのに、思いつ
かなかったこと。。
病床の父に音楽を聴かせてあげたかった。。

例えば・・・父が 「スコットランドのバグパイプの音を聴くと胸が締め付けられる
ような郷愁にかられる」と興味を持っていたスコットランドの民謡だったり、、、
例えば・・・父が良く歌っていた歌だったり、、童謡だったり、、、
例えば・・・父がきっと仲間と肩を組み合い歌ったであろう軍歌だったり、、、
c0082567_1128174.jpg
今になってそんなことを考える。

父は、「お父さんの葬式に『月の砂漠』をフルートで吹いてくれ」と学生時代に
フルートをやっていた姉に話したりしてたから、『月の砂漠』は父にとって特別な曲だったんだろうな。。。

私はというと、、、最後まで、あんまり父に思いを伝えられなかった。
・・・それは、父の死が迫って喪服を試着している冷静で哀れな私がいても、
父にかしこまって思いを伝えることはできなかった。

父が眠って居る時に 「お父さんの子供で本当に良かった。大好きだよ。」と
つぶやくのが精一杯だったんだ。
[PR]
by sunshimai | 2008-06-04 11:28 | 父の事

ニュー洗濯機

昨年の10月1日に我が家に来た『ドラム式洗濯機』母的に当初から (失敗しちまったっっ) と感じてはいたけど、そう買い換えられるもんでもなく、、ブチブチと言いながらも、我慢するしかないんだった。

ら!!壊れた!!!(というか、不備があった)

メーカーが「交換」をしてくれるというので、ここぞとばかりに「返品」してもらうことに。

で、ニュー洗濯機!!
c0082567_16473159.jpg
ジャーーーン!!ふつうのヤツ(笑)

母が感じた「ドラム式」への不満。
① 溜すすぎをしない分、生地が黒ずむ。
② 時間がかかる。(生地が偏ると、また水を注入しやり直す。厚地の場合は
   まず偏る)
③ ②ゆえに生地が痛む。

感想には個人差があると思うけど、快適になりました~♪
[PR]
by sunshimai | 2008-06-03 23:34 | わたくし事

あひる隊長 負傷

c0082567_22514245.jpg
あひる隊長は、柔道3段。。。たまにはこんな見事な内股かましたりして。

だけど、ケガだってしまくるのだった。
5年前には、膝の前十字靱帯っていうのを切って、手術、、、そして今回は、
c0082567_2259261.jpg
5/31。太ももの筋を切ってギプスなり~~内出血しまくってますね~~

全治3週間・・・2週間の自宅療養とあいなりました。
[PR]
by sunshimai | 2008-06-02 22:51 | あひる隊長の事